黒 にんにく いつ 食べる

黒にんにくはいつ食べるのがおすすめ?効果がアップする食べ方

黒にんにく いつ 食べる

 

黒にんにくは、

・朝

・昼
・夜
・その都度

いつ食べると一番大きな効果が出るのでしょう?
そんな、タイミングがあれば、知りたいですよね!

 

わたしのおすすめは【夜】です。

 

ただ、必要とする効果によって、最適なタイミングは違ってきます。

 

今回は、効果と、その効果を大きくするために最適な食べるタイミングをご紹介します。

 

そして、食べ方(1日に食べる量など)によっても効果が大きくなるので、あわせてご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・いつ食べるとどんな効果が大きくなる?
・どんな食べ方をすると効果が大きくなる?
・黒にんにくにはどんな栄養、効果がある?

 

「良さそうなら黒にんにくを食べてみたいと考えている方」「食べている黒にんにくの効果をもっと大きくしたいと考えている方」はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

まずは、簡単に黒にんにくに含まれる栄養とその効果をご紹介します。

 

黒にんにくにはどんな栄養と効果がある?

黒にんにく 栄養 効果

 

黒にんにくには、つぎのような栄養と効果、効能があります。

 

 

S-アリルシステイン

 

「S-アリルシステイン」は黒にんにくを代表する成分です。

 

熟成され黒にんにくになることで
にんにくの16倍もの量に増加します。

 

「S-アリルシステイン」にはつぎの効果があります。

1.疲労回復効果
2.抗酸化作用(老化予防)
3.がん予防
4.悪玉コレステロールを減らす
5.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
6.脳の萎縮を抑え、学習能力を高める
7.ストレスに強くなる
それにより不眠や神経性の下痢から解放されます。
8.免疫力の強化
9.認知症の予防

 

 

アルギニン

 

「アルギニン」は熟成され黒にんにくになることで
にんにくの3.5倍以上の量に増加する成分です。

 

エナジー系のスポーツ飲料、サプリメントなどによく使われている成分で、つぎのような効果があります。

 

1.疲労回復効果
2.肥満改善
3.成長ホルモン促進
※成長ホルモン・・・身長を伸ばす効果だけでなく体内の物質をエネルギーに変える効果があります

 

 

ポリフェノール

 

「ポリフェノール」は熟成されることで
にんにくの6.3倍以上の量に増加します。

 

「S-アリルシステイン」と同じく抗酸化作用(老化予防の効果)がある成分です。

 

 

プロリン

 

プラリンは熟成され黒にんにくになることで約7倍に増加する成分です。

 

皮膚などの組織を構成するコラーゲンの原料となります。

 

皮膚に潤いをもたらす天然保湿成分として最も重要なアミノ酸です。

 

(味の素、アミノ酸大百科より)

 

 

 

トリプトファン

 

トリプトファンは心にやすらぎを与えてくれて、ストレスを減らしてくれる成分です。

 

緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌。

 

ノルアドレナリンやドーパミンの働きを制御して自律神経のバランスを整えようとします。

 

ストレスは老化を促進する活性酸素を発生させる原因になりますし、ストレスが減ることでよく眠れるようになり、お肌にもいい影響を与えてくれます。

 

 

 

黒にんにくには、このような「元気」「健康」「若さ」に効果的な成分が豊富に含まれています。

 

 

 

黒にんにくはいつ食べるのがおすすめ?

黒にんにく いつ?

 

「必要とする効果によって、最適なタイミングは違ってきます」と冒頭で言いました。

 

どんなタイミングで食べれば、どんな効果が大きくなるのかご紹介していきます。

 

 

黒にんにくを朝に食べるとその日1日のエネルギーが充電されるので、1日バリバリ仕事や家事をこせます。

 

黒にんにくは「にんにくよりも4倍の疲労回復ができる」という効果はよく言われますが、じつは

・体を疲れにくくする

・栄養をエネルギーに変える
・ストレスに強くなる

という効果もあります。

 

とにかく頑張りたい日は、朝に黒にんにくを食べることで、
プレッシャーやストレスを跳ね除けてバリバリ仕事や家事をこなせる1日にできます。

 

 

その都度

 

仕事やスポーツ、勉強などでいつも以上の成果を出したい時、その1時間くらいまえに食べると大きな成果をあげることができます。

 

黒にんにくにはアルギニンというエナジー系のスポーツ飲料、サプリメントなどに使われる成分が含まれていて
つぎのような効果があります。

・栄養補給、疲労回復

・栄養をエネルギーに変える
・疲れにくくなる

 

つまりエナジー系のスポーツ飲料、サプリメントなどと同じ感覚で黒にんにくを食べるということです。

 

 

黒にんにく 効果黒にんにく 効果

 

 

 

ただし、ここで注意していただきたいのが、黒にんにくはエナジー系のスポーツ飲料、サプリメントなどのような液体ではないということです。

 

液体は飲むと比較的早く体内に吸収されて効果が出てくるのですが、黒にんにくは違います。

 

エナジー系のスポーツ飲料、サプリメントとして使う場合
大きな効果をあげたいスポーツや仕事、勉強をする1時間くらい前に黒にんにくを食べるようにしてください。

 

そうすることで、普段以上の大きな効果、結果をあげられるようになります。

 

 

 

黒にんにくを夜に食べるとつぎの3点について、大きな効果があげられるようになります。

・疲労の回復

・アンチエイジング
・がん予防

これについては別の記事で詳しく説明しているので興味のある方はご覧ください。

 

黒にんにくは夜に食べるのが一番良い!最適なタイミングや量は?

 

黒にんにくをいつ食べると効果が大きくなるか?について解説しました。

 

 

つぎは効果が大きくなる食べ方についてご紹介します。

 

効果が大きくなる食べ方は?

 

 

効果が大きくなるためにどのような食べ方をしたら良いんでしょうか?

 

先に答えを言うと
質の良い黒にんにくを1日1片、毎日食べるのが一番効果的ということです。

 

質の良い黒にんにくとは

・どんな熱の加え方をすれば良いか?

・何度くらいの熱を与えれば良いか?
・どのくらいの期間熱を与えれば良いか?
・どのような環境でどのくらいの期間乾燥すれば良いか?

など、栄養がもっとも増加して、もっとも美味しくなるための作り方をしっかりと研究、実践している製造者が作った黒にんにくのことです。

 

そのような黒にんにくなら、1日1片でも十分な栄養をとることができます。

 

黒にんにく 単位

 

そして、毎日食べ続けることで、体質から元気で健康、若くなっていきます。

 

黒にんにくの効果の中には、つぎのようなものがあります。

・がんの予防

・動脈硬化の予防
・抗酸化作用による老化防止(アンチエイジング効果)

 

 

このような効果は、一定の期間だけ食べて効果が上がるものではなく、食べ続けていくことで、病気や老化を防ぎ続けていかなければ意味がありません。

 

ダイエット食品のように「集中して食べてある程度やせたらやめる」というわけにはいきません。

 

質の良いものを適切な量食べ続けていくのが、黒にんにくの効果にもっとも適した食べ方です。

 

質の良いおすすめの黒にんにくはこちらの記事でご紹介しています

 

 

黒にんにくはいつ食べるのがおすすめ?効果がアップする食べ方
まとめ

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 必要な効果によって最適な食べるタイミングが違う
  2. おすすめは夜に食べる方法
  3. 質の良い黒にんにくを1日1片、毎日食べるのが一番効果的

 

 

黒にんにくの効果、効能をまとめるとつぎのようになります。

1.疲労回復効果が白いにんにくの4倍

2.がん予防
3.免疫力の向上
4.アンチエイジング効果(美肌効果)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
・・・etc

 

 

ただし、それはしっかりした製造者が「温度」「熟成期間」などの研究を重ねて栄養がもっとも増加する方法で作った黒にんにくだけです。

 

同じ黒にんにくでもつぎのようなものは栄養・効果が全然違います。

 

・炊飯器などで自作したもの
・あやしい業者から買った安いもの

 

 

黒にんにくの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると「黒にんにく」にはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒にんにくを代表する成分はあまり増加しません。

 

 

高い効果をお求めの方のために
わたしが試した中でも本当におすすめできる最高品質の黒にんにくをご紹介させていただきます。

 

よかったら、参考になさってください。

 

わたしのおすすめの黒にんにくはこちらの記事でご紹介しています

 

 

 

 

⇒⇒⇒いますぐおすすめの黒にんにくを買いたい方はこちら!